NMNとは

最近話題になっている「NMN」、若返りの薬として多くの注目が集まっています。NMNというのは、ニコチンアミドモノヌクレオチド「Nicotinamide mononucleotid」という、とても長い名前の化合物になります。この物質は、アメリカにあるワシントン大学医学部に所属する、今井眞一郎博士たちのグループによって2011年に発見されました。もともとは、人の体の中にでも生産される物質ですが、加齢によってその生産能力が低下していくと言われています。このように年を重ねるごとにNMNの生産能力が低下するので、老化や病気が生じると考えられているのです。

サーチュイン遺伝子NMNについては現在も研究は続いており、老化防止や寿命を延びるなど、老化を遅らせることができる薬として注目を集めています。若返りの薬と聞くと夢のような話のように思えますが、将来的に、それが実現される可能性があります。

このようにNMNは多くの効果を期待できる物質ですが、もともとは長寿遺伝子「サーチュイン遺伝子」に作用すると言われています。サーチュイン遺伝子というのは、いつもは休眠していますが、一度、飢餓状態になると活性化する遺伝子のことです。人が飢餓状態に陥ると、生き延びるための本能が作用するイメージを想像するとわかりやすいです。若返りについては、このサーチュイン遺伝子の解明が大きなポイントになります。サーチュイン遺伝子の活性化が、NMHと大きく関連しています。